うつ病の人との接し方がわからない【取り組み方法をチェック】

うつ病を知る

心の揺れを理解する

医療

うつ病だとわかると、本人も家族もショックを受けて自分を責めてしまいがちですが、これは病気を受け入れる過程で起こるごく一般的な反応です。発病初期の症状を理解しながら家族の接し方に関しても配慮することが大事になります。

身近に存在するかも

男性

うつ病を発症している患者はとても増えており、もしかすると私たちの身の回りにも存在するかもしれません。うつ病の患者は特に相手の態度や言動に敏感ですが、相手の立場に立って接することが出来れば接し方にそれほど気を使う必要はありません。

リハビリ出勤後の対応

女性

焦りを理解する

うつ病による休職から復帰して間もない時期は、もっと仕事をしたい、休んだ分を挽回したいという気持ちで無理をすることがあります。もともと、最前線でバリバリと仕事をしていた人ほどその傾向は強く、周囲が心配してセーブしようとしても聞き入れようとはしません。そのため、本人に対する接し方に周囲は戸惑ってしまうことも多いです。こんな時、焦らないようにと押さえつける接し方をしても本人には逆効果です。まずは、なぜ焦っているのか、その気持ちを理解するようにします。そのためには、傾聴の姿勢をとり、その焦りに理解を示しているという接し方を続けていくことが重要です。その上で、以前の仕事の仕方に戻ることが本人にとって良いことなのかを考えていきます。そもそも仕事中心で働きすぎたためにうつ病になったということであれば、元通りにバリバリ働くというのは、今後の回復にも悪影響を及ぼす可能性が高いです。それどころか、無理をすればまた、一気に体調を崩してしまうこともあります。仕事の勘を取り戻しながら、体調を整えていく期間であることを理解してもらい、どの程度の仕事の負荷が本人にとってちょうどいいのかを知ることが大事であることを本人自ら理解してもらうことが重要になります。これからも長く仕事を続けてくには必要なことです。また、本人が焦りを感じないように周囲が配慮するべき点があり、できる限り疎外感を感じない接し方を心掛けるようにします。うつ病が心の病だと意識しすぎると、周囲も特別ば対応を意識してしまいます。その特別扱いが本人の焦りを生んでしまうこともあるので注意が必要です。できればうつ病による休職前と同じ接し方をしてあげることが迎え入れる環境としては理想になります。ほかの体の病気などから復帰してきた時と同じなんだという気持ちに本人がなるようにすることが大事です。そして、休職者が復帰する場合には、基本的に本人と担当医師、人事担当者や上司との間で、勤務日程の調整や残業の可否などに関して話し合いをすることが望ましいとされています。その時、復職プランが立てられ、この1か月間は残業なしでなど決められていますので、上司と部下の関係で仕事量に関して話してもらうことも大切です。もし、本人の焦りを上司が気づいていないようであれば、情報提供することも回復のためには必要なことです。ただし、上司に話してほしくなかったという結果にならないように、本人の気持ちを確認することにも配慮するようにします。

言葉選びは慎重に

男の人

うつ病の接し方やクリニック選びなど、なかなか難しいこともあるでしょう。心の病、ですので、誰もがかかる可能性があるものです。ストレスの少ない接し方を知っておくことや、クリニックの方針をチェックすると良いでしょう。

保健センターなどを活用

ナース

家族や友人などが本人の異変に気付き、どのような接し方をすればいいか迷ったら市区町村の保健センターなどの公的なこころのケアの専門機関に相談することが大事です。また、うつ病の治療が必要な場合には、ソーシャルワーカーなどにも相談します。