うつ病の人との接し方がわからない【取り組み方法をチェック】

看護師

心の揺れを理解する

医療

家族が受け入れてあげる

うつ病は、早い時期に気づいて専門家の適切な治療を受ければ、回復に向かう病気です。そして、家族がうつ病の初期に起きる、からだや気持ち、もののとらえ方などの変化を知っておくことが、病気の早期発見に結びつきます。うつ病は、本人の自覚がないことが多いだけに、家族など周囲の人の注意が病気の早期発見に結びつきます。それは、決して難しいことでも、肩ひじを張るようなことでもないわけです。たとえば、人は誰でもひどく落ち込むことがあり、うつ病というのは人間の基本的な感情の一つです。いつまでもふさぎ込んだままで、憂鬱の度合いがひどく、長く継続する場合にうつ病になる可能性があります。本人の様子に普段と違うところはないか、ぼうっとしていることが多くなっていないか、あるいは話しかけてもスムーズに返答が返ってこないことが増えていないかなど変化にいち早く気づくことが大事になります。また、不安そうで落ち着きがなくなり、何度も同じことを繰り返し話したり、心配いらないと説明しても納得してくれない対応をとるのも特徴の一つです。その場合の接し方として正しいのは、まず話を聞いてあげることです。何より自分を責め続けるような状況にならないように、周囲の人は十分に気配りをする必要があります。そして、一般に誰もが、体に異常が現れた場合には、病気と認めることができても、気持ちの落ち込みなどに関しては病気だと認めない傾向にあります。しかし、うつ病はストレスで心が悲鳴をあげてしまっている病気です。そのことをまずは、家族が受け入れているというスタンスの接し方をしていくことが重要になります。何らかの表情の変化が現れることが多く、心から笑っていない感じがする場合には、本人の気持ちを吐き出させるような接し方をすることが大事です。逆に悪い接し方はその原因を必要以上に追及するやり方です。ストレスにつながりかねないので注意が必要になります。また、よくあること、すぐ治るのではないか、単なる疲れが原因ではないかと放置していると治療のタイミングを逃してしまいます。うつ病という病名を知ってはいても、いざ自分や家族がかかった時には気づかないことが多いのも、この病気をめぐる現状の一つです。そして、気づいたとしても、なぜ、こんな病気になってしまったのか、どうしたらいいのかなど戸惑いや不安感ばかりが先行してしまいがちです。しかし、その不安というのは、病気に関しての知識がないことから生まれているものなので、きちんとした知識を身につけることが回復の手助けになります。