うつ病の人との接し方がわからない【取り組み方法をチェック】

看護師

身近に存在するかも

男性

会社内での付き合い方

一昔前ではうつ病といえば身の回りにそれほど発症している人は多くなく、どちらかといえば珍しい病気でした。しかし現在では社会のシステム胃などが大きく様変わりしています。便利にはなったものの、一人一人に対するプレッシャーはとても大きなものとなっていて、うつ病を発症する人がとても多くなっています。なかなか周りに言える病気ではないため、気づいていないだけで、もしかすると同じ会社で働いている人の中に現在うつ病で苦しんでいる人が存在している可能性は十分にあります。それくらい身近な病気となっているのが現状です。もしも同じ会社で普段話す人や仕事を一緒にする人でうつ病を発症している人が居たら、どのように接したらいいか悩んでしまう人も多いです。うつ病の人との接し方で注意するべき点とはどういったものなのでしょうか。ます、相手がうつ病だと知ったとたんに腫れもののように接する人や、出来るだけ関わらないようにしようと避ける人がとても多いですが、このような接し方は逆に患者さんの気持ちを静めることになります。うつ病の人と接する時も普通の人と接する場合も基本的な接し方は変わりません。大事なのは相手の立場になって物事を考えると言おうことです。こういった事を言ったら相手はどう思うだろうかという事を常に考えながら接しましょう。相手を傷つけるようなことを言ったりしたりしなければ、基本的にそれほど気にする必要はありません。しての気持ちさえきちんと考えるようにすればうつ病の患者であっても普段通り背すれば良いのです。特に鬱病に患者は周りに自分に対する変化に敏感なうえ、劣等感が強いです。腫れ物に触れるような接し方をされると迷惑をかけているのではと感じ、会社に来づらくなります。そして、絶対に言ってはいけない言葉というのがあります。うつ病を発症している状態というのは常に頭の中で自分自身の心の弱さと戦っているようなものです。そんな中で仕事をするのですから、普段通りにできないことも多々あります。そんな時に責めたり、励まされたりすると、患者さんは自分はこれだけ一生懸命仕事をしているのにもっと頑張らなければいけないのかと、絶望的な気持ちになります。症状が悪化するのは明白なので、励ましたり責めたりするような言葉は禁句です。そして、うつ病になっている患者さんにはそれぞれ何らかの原因があります。もしもそれが会社の業務によるものなのであれば、さりげなく話を聞いて負担を軽減するような心配りをすると良いでしょう。